自費出版費用の目安

出版の費用は、編集の難易度やボリューム、印刷仕様や部数などで大きく変動します。
ここでは、出版費用の大まかな目安と見積のポイントを簡単にお伝えします。

ジャンルごとの目安

私家本

エッセイや文芸書など文字中心で、流通させない書籍。

印刷仕様四六判 100~200p
本文1色 ソフトカバー
部数目安100~500部
流通なし
出版費用目安60万円~100万円

エッセイ本/文芸書

文字中心。流通あり。

印刷仕様四六判 100~200p
本文1色 ソフトカバー
部数目安300~500部
流通あり
出版費用目安80万円~130万円

実用書、ビジネス本など

文字中心だが、ところどころ図表やイラストなどが入る。

印刷仕様四六判 200p程度
本文1色 ソフトカバー
部数目安500~1,000部
流通あり
出版費用目安130万円~150万円

研究書

図表が多く、専門的な内容で編集・校正難易度が高い。

印刷仕様A5判 200p~250p
本文1色 ソフトカバー
部数目安500部程度
流通あり
出版費用目安150万円~200万円

画集、写真集

大判でカラー印刷。アート紙を使用し、色校正も行う。

印刷仕様B5~A4判 60~100p
本文4色 ソフトカバー
部数目安500部程度
流通あり
出版費用目安150万円~200万円

絵本

大判でカラー印刷。ハードカバー、糸かがり製本にすることが多い。

印刷仕様B5~A4判 16~40p
本文4色 ハードカバー
部数目安500部程度
流通あり
出版費用目安100万円~200万円

見積のポイント

1.本のページ数で金額は大きく変わります

一般的な文字中心の書籍の場合、およそ10万字で200pとなります。
文章量と編集の難易度によって見積が変わりますので、詳しくは一度ご相談ください。

2.ソフトカバーかハードカバーかで費用が変わります

ソフトカバーからハードカバーに変更すると、部数にもよりますが20~30万円程度は見積額が上がります。

3.部数が多くなればなるほど、単価はお得に

印刷は50部や100部といった小ロット印刷から、500部、1000部、3000部、などの多量の印刷に対応しております。
印刷する部数が多ければ多いほど、本1冊あたりの単価は安くなります。

4.絵本や画集は印刷費が割高

絵本や画集の場合、厚みのあるアート紙にフルカラーで印刷するため、文字中心の書籍と比べて印刷費が割高になります。

5.「原稿を書いてほしい」「絵本のストーリーはあるので、絵を描いていほしい」などのご要望にも対応

オプション料金が追加になりますが、取材・原稿執筆や、イラストの作画、電子ブック化など多様なご要望にお応えしております。まずはご相談ください。

用語解説

四六判一般的な単行本の本のサイズです。127mm×188mm
A5判A4の半分のサイズで、四六判よりひと回り大きく、研究書などに多いサイズです。148mm×210mm
並製(ソフトカバー)と上製(ハードカバー)ソフトカバーの本を「並製本」、ハードカバーの本のことを「上製本」と呼びます。
糸かがり製本本の開きをよくするための製本方法で、絵本や画集などに使われます。
1色刷り、4色刷り印刷の色数です。1色刷りは主に墨1色での印刷を指し、4色刷りはフルカラー印刷のことを指します。

オプション

ライティング取材から原稿を執筆。2時間×4回程度取材 8~10万字程度。
電子ブック化紙の書籍と同時に、電子ブックでも出版。Kindle等、各種電子書店で流通。
イラスト本文中に使用するカットイラストの作画。10cm×10cm程度。
絵本イラスト絵本のストーリーにあわせて絵を描きおろし。A4サイズ程度。
特注装画装丁用の装画。作画に時間がかかります。 *デザイン代別途
販促プロモーション特別プラン新聞・Web・SNS等への各種広告出稿や、出版記念セミナー、出版記念パーティーの企画運営等もサポートいたします。
地方出版社での出版費用の平均は100万円~150万円ほど。仕様によっては、50万円~100万円でも出版可能です。
原稿内容や仕様によって変動も大きいので、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

ご質問、ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ

お電話
092-643-7075
梓書院営業時間:平日9時~18時

個別相談(無料)

個別相談をご希望の方は、こちらからお申込みください。

個別相談申込フォームへ

お電話
092-643-7075
梓書院営業時間:平日9時~18時

お見積り(無料)

自費出版のお見積りは、こちらから承っております。

お見積り依頼フォームへ

お電話
092-643-7075
梓書院営業時間:平日9時~18時